« キルトフェスティバルでの戦利品 その1 | トップページ | 日本髪 × お振り袖 〜 プロの目線〜 »

2009.01.23

キルトフェスティバルでの戦利品 その2

引き続きキルトフェスティバルで手に入れた、銘仙の羽織


伊勢崎銘仙羽織( 黒地に赤、白、ピンク、の水玉)*
 水玉の部分は実は
紅白の2色で、縦糸と横糸の組み合わせで
 赤、白、ピンクになっています。
視覚混色ってやつですね。
 もっと言えば、染料は黒と赤だけですね。白は糸そのものの色。 
Rimg5078


伊勢崎銘仙羽織(黒地に謎の記号)*
 何文字なのでしょうか??戦後のアールデコ様式が盛んな
 時代のデザインは何とも言えない魅力があります♪

Rimg5080

Rimg5082

これらの羽織はアンサンブルのようでして、身丈が短い短い!
だからかな??合計¥2400くらいだったような。
お尻が隠れるかどうか。。。って位、短いのです〜。
なのでバランス悪し。

丈出しをする縫い込みは全くないので、これらも素材用〜♪
流石に裂いてしまうとわけわからなくなるので、
柄のまま形を変える事になりそうです。

素材ばかり集めるばかりで、最近、ハサミや針を持っていないなぁ〜(笑



 

Blogbtn_3ブログランキングに参加しております。
沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

« キルトフェスティバルでの戦利品 その1 | トップページ | 日本髪 × お振り袖 〜 プロの目線〜 »

お気に入り古布」カテゴリの記事

戦利品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キルトフェスティバルでの戦利品 その1 | トップページ | 日本髪 × お振り袖 〜 プロの目線〜 »