« 川越きもの散歩2月度 木遣りを聞く会 その2 | トップページ | 黒地の銘仙羽織 裂き編みバッグ »

2009.03.05

川越きもの散歩2月度 木遣りを聞く会 その3

さぁ、休憩の後は鳶頭3名の職人トーク&木遣りのお披露目です。

一人目は元1の牛若丸の山車を仕切る天神さん
Rimg6324

Rimg6332
鳶職って言うと現在はブカブカのズボンを履いた方が主流ですが、
頭は現在も半纏姿でお仕事をされているそうです。
背中には『郭』の文字。
屋号を染め抜いた帯。
成田山のお堂を曳家で動かしたそうですが、昔はだいたいの鳶職が
できたそうです。


二人目は幸町の山車2台を仕切る高山さん
Rimg6346
川越が舞台の朝の連続テレビ小説『つばさ』の頭役の方に
指導をしたそうですが、2日前にいきなり頼まれたらしく、
時間も小一時間。。。と、どうも心残りの様子(笑
その際に半纏はとても大切な物なので、おいそれと貸せる物では
ないので町内の物を貸したそうです。

本日の高山さんの半纏は
木遣り会のものです。
背には『川越』、胸には『うた』(旧字体でしょうか?)
股引(?)など勿論全てオーダーメイドで、
原寸の2分詰めて作るそうですが、できたてはキツくて
座っていたりすると痺れるそうです(笑

天皇陛下とスウェーデン国王が川越へに訪れた際、
一番のおもてなしはなんだろうか?となった際に、山車を出し
木遣りを披露したそうです。


三番目は元2の山王を江戸時代から仕切る11代目相原さん。
Rimg6352

江戸から同じ町内を11代も次いでいるのはなかなか珍しいそうです。
明治2、3年のころに7代目、というのは文献で確認できたそうですが、
6代目より前は文献が無いようです。

元来、鳶職というのは江戸の火消しだったそうです。
昔は町内ごとに鳶がいて、冠婚葬祭に携わっていたとのこと。

今日の半纏は紬(絹)ですが昔は木綿
昭和34〜35年頃までの仕事着は半纏が主流でしたが、
着るのが嫌で嫌でたまらなかったそう(笑

木遣りというのは日本各地に沢山あり、(そのうちの
江戸の鳶の木遣りを披露していただくのです)語源は
『気合いを入れる事』だそうで、

*家の基礎をつくるときの柱の土台の石を地中に埋め込むときの
 かけ声としてのうた
*建前
*お祝いの席
*出初め式
*結婚式の入場、締め

などに、披露されるそうです。
(出初め式は川越では本物の鳶職の方が披露しますが、他の地域は 
 木遣り愛好会などがされているそうです)

川越の鳶頭の重鎮である3人での木遣りの披露です。
し〜んと静まり返った中、生の歌声が響き渡ります。。。

Rimg6354

しかしまだ川越祭り未体験のshioring。。。
お恥ずかしいわ、今年こそ参加せねば!!!と誓ったのでした◎

Rimg6362

5314525_944497305



 

02_2ブログランキングに参加しております。
沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

« 川越きもの散歩2月度 木遣りを聞く会 その2 | トップページ | 黒地の銘仙羽織 裂き編みバッグ »

コメント

シオリンさんのブログで再度、木遣りを聞く会を堪能させて
頂きました♪いつも詳細なレポと素敵な写真☆楽しみにしてます!
(家族に、その日の報告をするのに、このブログを見せてます(笑)
助かってまーす!)

投稿: 秋穂 | 2009.03.05 11:51

ほんとわかりやすい説明で助かります。
とび頭は手ぬぐいをポケットチーフ代わりに半纏からちらりとのぞかせていたり、後姿は煙草いれが根付と一緒にぶら下がっていたり、お洒落なのですよ~。
川越以外のかたには「木やり」ってなかなか聞く機会がないですよね。あの歌声に毎回どきどきしています。

投稿: koedo | 2009.03.05 14:46

◆秋穂さん

まぁ!私のBLOGが人様の役に立っているなんて。。。
嬉しいです♪
これからはもっと迅速にアップしなくては!ですね。

投稿: shioring | 2009.03.06 00:24

◆koedoさん

有り難うございます。
川越きもの散歩の特別編に参加する際は
メモ帳が必須アイテムになりつつあります(笑
高校の頃、ノートまとめるの好きだったんですよね〜
そのお陰かもしれませんね。

そう、頭たち、ほんっとお洒落ですよね〜〜〜
見習いたいです♪

投稿: shioring | 2009.03.06 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川越きもの散歩2月度 木遣りを聞く会 その2 | トップページ | 黒地の銘仙羽織 裂き編みバッグ »