« 緑の縞着物 × 黒地に幾何学柄帯 | トップページ | 福岡河岸記念館 1 〜外観〜 »

2009.05.23

紺とグレーの縞の川越唐桟 × 緑地博多帯

藤本染工芸さんへ伺った際のコーデ。

Rimg0528  Rimg0522

Rimg0518  Rimg0532

この季節、もう袷なんて着ていられません。。。
だって25度以上あっては、汗っかきの私にとっては拷問。。。(笑

なのでお気に入りの、紺とグレーの縞の
川越唐桟に、まだ締めていなかった
鮮やかな緑色地に黄色、山吹色のラインが入った、
博多帯(風かな?)。

鮮やかなスカーレッドの三分紐に、何かの
骨で作られたボタンです。
穴があいているので、そまま針と糸とで括りつけてみました。

下駄は、長野県は木曽路、妻籠宿で調達した、
ねずこ下駄です。
鼻緒は白地に細い紺色の縞。
初夏ともなると、履物の台は明るめの方が良いな、ということに
気づきました◎



2009_2 ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

« 緑の縞着物 × 黒地に幾何学柄帯 | トップページ | 福岡河岸記念館 1 〜外観〜 »

着物コーデ 木綿」カテゴリの記事

コメント

何度も見ているのに、初めて気が付きました。
この川越唐桟の灰色には若干の濃淡があるってことを。。。
さながら水盤から滴る水の流れの痕跡のようで
趣がありますね。
ラテン語のパティーナ(PATINA:経年変化の味わい)という
言葉を思い起こしてしまいました。

根付の元には懐中時計があるのでしょうか?
このデザインでストラップにしたものが今年の外国人が好む
お土産コンテストのグランプリに選ばれています。
http://www.vjcomiyage2009.com/award/index.html

投稿: 一人靜 | 2009.05.24 07:59

■一人靜さん

そうですねぇ、グレーの部分は縦糸が白(グレー?)で
横糸が紺色なので、光の加減によって
見え方が変わるかもしれません。

そうです。根付けの中は懐中時計です。
明治生まれの祖父のものを、父が形見分けされ、15年後、
父が亡くなって私のもとにやってきました。
着物の時は、こうやって一緒にお出掛けするのです♪

投稿: shioring | 2009.05.25 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緑の縞着物 × 黒地に幾何学柄帯 | トップページ | 福岡河岸記念館 1 〜外観〜 »