« 秩父きもの散歩 7 逸見家 | トップページ | 黒地に流水模様 お召し × エメラルドグリーン地単帯 »

2009.06.18

秩父きもの散歩 8 西瓜堂

西武秩父駅にて解散した後は、余力の有る方のみで
カフェ&ギャラリー『西瓜堂』さんへお邪魔して参りました◎
 http://suika-do.com
/

Rimg2322

Rimg2266

Rimg2272

やっとゆっくり腰を落ち着けそうです♪
喉もカラカラ。
『秩父サイダー』なるものをいただきました。
甘さも炭酸も程よく、一気にごちそうさま!

しかし30分もしないうちに皆様、急行に乗るべく、一瞬のうちに
帰られました。。。(笑
秩父鉄道の私と、車で来たにゃんこさんとで、まったり♪
しかし、秩父通のにゃんこさんに『しおちゃんに見せたい建物が有るの!』
と、荷物を置いてまたまた散策を再開です!


カフェ・パリー(国登録有形文化財)
昭和2年築、木造2階建、鉄板葺
3階建てを思わせる外観となっており、窓上部の装飾は
当時のままとなっている。外観は近代洋風の様相となっているが、
内部は店舗部分の調理場と客席をのぞき、従来の木造建築である。
Rimg2280

Rimg2284


小池煙草店(国登録有形文化財)
昭和初期建造の木造2階建て。1階出入り口と、カウンターを除いて
ほぼ建築当時のまま。
Rimg2286
カーブ具合がなんとも言えませんねぇ〜
にゃんこさんの見せたい建物は、この煙草店なのでした◎
ああ、ここにちんまりとしたお婆ちゃんがいたら
尚良いのに。。。

Rimg2288

Rimg2290
空き家となっており、利用法は検討中の建物だそうです。

Rimg2292
向かいの建物も建具が気になりますが。。。♪

Rimg2296

はて、あの黒いお家はなんでしょう?
遠目で確認した時は、輸入住宅か何かかと思いましたが、
近づくとそうでは無い事が判明!瓦屋根とは!なんとミスマッチな(笑

Rimg2298

Rimg2302

Rimg2300
そしてこの一部だけ残っている煉瓦の塀が気になります!
それをつい立てのようにして
ほこらがあるし。。。
足を伸ばして、お宅の正面に回ってみる事に。。。


近藤歯科医院(国登録有形文化財)
昭和2年に建築され、一部に増築部があるものの全体的な
建物の規模は当初からのもの。平入の切妻造瓦葺き屋根の
木造2階建て一部平屋建てとなっており住居棟、医院棟、勝手棟と
なっている。

Rimg2310
ぎゃ〜〜〜(興奮)判明いたしました!歯医者さんでしたね(笑

う〜ん、大収穫です!ものの100メートル程の間に幾つもの
有形文化財が♪にゃんこさん感謝です〜
 *温泉にゃんこのネコ散歩
  http://moon.ap.teacup.com/nyanko/

Rimg2320

Rimg2326
西瓜堂さんに戻って参りました◎
先ほどの煉瓦塀のことをご主人に聞いてみると、あれは秩父銘仙で
一番財を成した方のお屋敷の跡なのだそう!!!今は更地(駐車場?)
になってましたが、確かに広大な敷地だったわ。。。

Rimg2332
↑このケースの中にですねぇ、桑の葉にとまるお蚕さんの水差しが♪
書道に用いるのだそうですよ。

Rimg2334

床から雨漏りのする秩父鉄道に揺られ、無事帰宅したのでした〜
実に内容の濃〜い1日でした。
主催の藤井さん、スタッフの方々をはじめご一緒された皆様、

行く先々で快く迎えてくだすった秩父、小鹿野の皆様、
有り難うございました◎

おしまい



Shioring06ver
ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 


« 秩父きもの散歩 7 逸見家 | トップページ | 黒地に流水模様 お召し × エメラルドグリーン地単帯 »

着物でお出かけ」カテゴリの記事

川越きもの散歩」カテゴリの記事

歴史的建築物/史跡/旧跡」カテゴリの記事

コメント

おお! 西瓜堂さんに飾られてる銘仙絵葉書も映ってる〜♪
(西瓜堂さんは、絵葉書屋さんか?! ってくらい売れ行きがいいのです。(^^ゞ)

西瓜堂さん周辺は、古くて風情のある建物が多いですよね。


実は西瓜堂のマスターも逸見さんなんですよ〜
秩父に多い名字なんですって。

投稿: 登夢 | 2009.06.19 00:19

カフェといい煙草店といい、外壁と窓回りのディテールの
デザインが何ともノスタルジックで堪りませんね。

煙草店前の街灯も散策の見事な句読点となっていますね。
街灯のデザインも通りによって異なっているようですから
首を上げて空を仰ぐと足元のマンホール以外にも
意外な発見があるかも。・・・

投稿: 一人靜 | 2009.06.19 09:10

レポートありがとうございます。
後援をいただいた県への報告書に添付したいほどです。
2日間できもの愛好家を秩父に50人動員、地域活性化に貢献ですね~。

投稿: koedo | 2009.06.19 10:30

shioちゃんが一緒だったので、西瓜堂でまったりできたし、
町歩きが楽しかったです。ありがと =^^=

あの煙草屋さんの丸いカーブと意匠…なんか知ってると思ったら、
横浜のホテルニューグランドでした。どちらも昭和初期の建物。
こういう時代だったのね~。

あのちょびっとだけレンガ塀もナゾナゾのようでしたね。
西瓜堂ご主人の説明を聞かなければ、ずーっと気になっていたかも(^^ゞ

投稿: 温泉にゃんこ | 2009.06.19 15:23

■登夢さん
あああ!うっかり葉書を購入しはぐってしまいました。。。
申し訳ないです(笑

西瓜堂さん、小説片手に伺いたいお店でした◎


■ 一人靜さん
そうですねぇ、しとしと降る雨も手伝ってか
情緒的な空間でした。そう、あの手のディティールは
心惹かれるものがありますね◎
東京では人が多すぎて上を見ながら歩いたりなんて
できませんもんね。

■koedoさん
koedoさんのお陰で、素晴らしい一日を送る事が
できました。有り難うございます!
少しでも効果が得られると良いですね♪

■温泉にゃんこさん
こちらこそ有り難うございました◎
西瓜堂さんのコアなお話も伺えましたし♪
次回は是非着物姿のマスターとお会いしたいですね〜

昭和初期の建築物って結構残ってますよね。
そうやってにゃんこさんも、歴史的建造物マニア(?)の
道へ。。。(笑

投稿: shioring | 2009.06.20 01:54

お見事な秩父建物散策でしたね。

古い建築がいっぱい残ってるとは知っていましたが
建物好きとしてはこうして見るとやはり行きたくなりますね(^^ゞ

瓦付きレンガ塀も気になりますし(笑)

行った時には秩父サイダーも味わってきます♪

投稿: たくあん | 2009.06.20 07:27

お写真、上手いですね~!サイダーのアップ画像なんか、とても風情があって・・また、古い建築も雨に濡れ、一段と魅力的に感じます。また秩父に遊びに来て下さい。お待ちしております!

投稿: 西瓜堂 | 2009.06.20 22:53

■たくあんさん
ながながとお付き合いいただき、お疲れさまでした(笑
何度も秩父へは行った事があり、町もうろうろしたのに
当時はまだ建物画像の収集をしていなかったので(笑
とても新鮮に、充実した1日を送る事ができました◎

煉瓦塀、確かに!瓦屋根(?)つきですね。
あれが元のまま残っていたらどんなに素晴らしい光景が
広がっているのでしょう。。。悔やまれますね。
是非是非、散策されてみてください!


■西瓜堂さん
いえいえ、恐縮です。
拙いブログですが、ご覧戴き光栄です。
次回伺う際には、もっともっと建物の素敵スポットを
ご享受いただかねば!

投稿: shioring | 2009.06.21 01:24

いやぁ~
しおりちゃんのblog見てると自分も行ったかのような錯覚に陥る
次回の着物散歩も参加できそうにないけど、また一緒にお散歩(日本酒)したいです。

投稿: まみっちょ | 2009.06.22 12:42

■まみちゃん

いやいや、有り難うございますね〜♪
そうね、なかなかお会いできなくて残念だわ。。。
次回、ご一緒できる日は、電車かバスで参りますね〜
呑めるように。。。(笑

投稿: shioring | 2009.06.24 01:22

今頃ですが、秩父散歩さいごまで堪能させていただきました♪ ありがとうございます~
ご一緒できず残念でしたが、ホント自分も歩いている気分。
ゆっくり行ってみたくなりましたよ~~

昨日の横浜も、shiOringさんがご一緒だったら
きっと写真撮るのに大変で進まなかっただろうな~~と
勝手に妄想しておりましたよん(笑)


投稿: うなみ | 2009.06.28 12:49

■うなみさん
いえいえ、そう言っていただくと
よしまた頑張ろう(?)と思うのです♪
こちらこそありがとう御座います!

是非是非、にゃんこさんはお泊まりで行かれているので
夜の秩父の光景をブログからご覧ください〜
(もう見てるかな?笑)

はい、恐らく土曜日の横浜。。。間違いなく迷子になってますね(笑
はやく皆さん、ブログアップされないかなぁ〜〜〜☆

投稿: shioring | 2009.06.28 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秩父きもの散歩 7 逸見家 | トップページ | 黒地に流水模様 お召し × エメラルドグリーン地単帯 »