« 飯沼美術館 | トップページ | 中途半端な衣替え »

2009.06.05

大庄屋 山口家

大自然に囲まれた中に、かなりの敷地を要した建物がありました。
大庄屋 山口家です。さぁ、近づいてみましょう♪

Rimg1680

Rimg1666

Rimg1684

江戸時代初期の庄屋で松本藩主も逗留した屋敷です。

Rimg1602

Rimg1654
重厚な土塀に300年の歴史を刻む本棟造りで、書院と庭園など
家屋の一部が見学できます。
屋根の上についた飾りは『雀おどし』というそうで、松本周辺の旧家、
豪農、豪商特有の装飾だそうです(建築士のPONY父:談)

Rimg1608

Rimg1624

Rimg1618

庭池は「心」の文字を表わし、

1681~1688年(天和~貞享年間)の作庭。
日本画家、山口蒼輪[やまぐちそうりん]の生家でもあります。
(あ〜!それで池の真ん中にぽっかり穴が。。。?)

Rimg1632

Rimg1642
ちょっと変わった欄間。

Rimg1650

Rimg1656

住みながらに邸宅を一部公開しているようです。
が、田園風景にポツン。。。なので、だ〜れもいません♪

看板以外に説明が一切無いのでちょっと残念。
入場料¥400なのに。。。
お宅の方も、お金払うとすぐに奥に引っ込んでしまったので
質問も出来ず。。。



2009_2 ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


« 飯沼美術館 | トップページ | 中途半端な衣替え »

信州周遊紀行」カテゴリの記事

歴史的建築物/史跡/旧跡」カテゴリの記事

コメント

きゃあ~「犬神家の一族」ゴッコがし放題♪
行ってみたいわぁ~ (^^;;;

投稿: 温泉にゃんこ | 2009.06.05 22:48

■温泉にゃんこさん

いいですね〜!
私はコレキヨの母役の女優さんに成り済ましたいです!

投稿: shioring | 2009.06.06 23:31

雀おどしとは地域性があって面白いですね。
お勉強させていただきました

いつか行った時には注意深く見てみます。

投稿: たくあん | 2009.06.10 00:36

■たくあんさん

大きな日本家屋にはかなりの確率で付いてますね、
雀おどし。でも正面から見ると『おお〜』って感じなのですが
実は薄いんです(笑
ベニヤをカットしてくっつけた雰囲気とでもいいますか。。。
なんだか不思議な装飾ですよ(笑

投稿: shioring | 2009.06.10 02:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飯沼美術館 | トップページ | 中途半端な衣替え »