« 秩父きもの散歩 6 須崎旅館 | トップページ | 秩父きもの散歩 8 西瓜堂 »

2009.06.18

秩父きもの散歩 7 逸見家

秩父/小鹿野きもの散歩も終盤に差し掛かって参りました。
次なる目的地は『逸見(へんみ)家住宅』です。
敷地に入ってからお宅が見えるまでの長い事。。。(笑
憧れちゃいます♪

Rimg2162

Rimg2260
おおおお〜もうこの時点で、『天然記念物』であるケヤキの存在は
忘れ去られております(笑
(おそらく、住宅の背後にそびえるのがケヤキです)
だって!素晴らしいお屋敷を目の当たりにし、大興奮中なんですもん。

二十数名を迎えてくださり、とても感謝いたします。
お茶とお菓子をご馳走になりました。
Rimg2166

Rimg2256

Rimg2188
因にお宅からの眺めはこ〜んなに素晴らしいのです!
遠くのお山までお庭のような。。。

豪雨のあとの花菖蒲は大変艶やかでした。
Rimg2186

Rimg2172
では早速中へ。。。

Rimg2176

Rimg2230

居間の奥ではスタッフたちが、一休憩〜
お疲れさまです!
『なんだか女中部屋っぽいでしょ〜』なんて話で盛り上がってます(笑
Rimg2190

Rimg2194

Rimg2192

私はといえば、皆様がゆっくりされている最中、いただいたお菓子を
いただく時間も惜しく、湯のみ片手にウロウロ。。。
被写体を模索中〜(笑

写真ではありませぬ!肖像画ってやつです!
Rimg2196

Rimg2206
御年93歳のおばあちゃま。
2階ではお蚕も飼っていたそうで、私の
『機織りもしたんですか?』の質問に
『やったことはある、でも昔の事だから忘れちゃった〜』と。
そのとき女中部屋(仮)から
『おばあちゃまは、おひいさま(お姫様)だからそんなこと
 しないわよ〜』との助言が!(笑
そっかぁ〜!うっかりしてました私、、、これだけのお屋敷の
お嬢様ですからね。。。。
昔は『姉や』がおったそうな。
庶民の発想しか出来なくって恥ずかしかったです。。。

Rimg2236
縁側に腰掛けて、庭を愛でながら、茶をすする。
慎ましやかな幸せです。

Rimg2238

Rimg2242

Rimg2244

Rimg2258

ああ、落ち着きの無い私。
そして夢のようなひととき。。。
歴史的建造物に着物でよく行きますが、大勢ともなると
感動も一入ですねぇ〜私の知らない、在りし日の姿を疑似体験
することができました◎

つづく


Shioring06ver
ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 







« 秩父きもの散歩 6 須崎旅館 | トップページ | 秩父きもの散歩 8 西瓜堂 »

着物でお出かけ」カテゴリの記事

川越きもの散歩」カテゴリの記事

歴史的建築物/史跡/旧跡」カテゴリの記事

コメント

腰を屈めて入る格子戸って風情があっていいですね。
川越にもキリスト教会の隣近くにも似たような住宅が
ありますね。

投稿: 一人靜 | 2009.06.18 05:33

明治時代に火事で焼けているそうなので築120年ぐらいとのことでした。土間も当時のまま。敷地の裏側は谷になっていて天然の要塞。山梨の武田家と親戚だそうです。
縁側から見る山の景色、ほんと心が洗われます。小鹿野ファンになりました~。

投稿: koedo | 2009.06.18 18:32

お足元の悪い中、お越し頂きまして、本当にありがとうございました。ちょうど花菖蒲が見頃で良かったです。
また小鹿野にいらした際はお寄り下さい。

投稿: 逸見家 | 2009.06.18 21:30

■ 一人靜さん
そうですね、ワクワク度があがります。
教会近くの建物の存在は知りませんでした。
こんど見つけてみます!

■koedoさん
それでも築120年なのですね。。。素晴らしい!
ああ、裏側まで見るべきでした。やはり一度伺った
だけでは、いろいろと見落としてしまいますねぇ。。。
また行きたいです!!!

■逸見家さん
こちらこそ、有り難うございました。
歴史的建造物は,商業空間として蘇らせたりしたものには
入れますが、現在、お住まいになっている家屋に
お邪魔できるなんて。。。とても楽しい一時でした。
またいつか、お世話になりたいと思います。

投稿: shioring | 2009.06.18 22:20

貴重な体験をしましたね。
120年経っても健在な家に住んでるのですねー

投稿: たくあん | 2009.06.20 07:21

■たくあんさん
所々、住みやすいようにリフォームされていましたが
十二分に昔を連想させてくれました。

投稿: shioring | 2009.06.21 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秩父きもの散歩 6 須崎旅館 | トップページ | 秩父きもの散歩 8 西瓜堂 »