« 夏にぴったりの下駄 | トップページ | 黒地に透かし蜻蛉着物 × 紗の博多帯 »

2009.07.15

川越福富美寄席へ行って来ました

川越駅前にある割烹『福登美』にて恒例の落語会が昨晩催されました。
 *福登美 http://www.kappofukutomi.jp/

夜から集まったのではもったいない(?)と、お昼から待ち合わせ。
梅雨がちょうど明けたそうで、と〜っても良い天気です!!!
Rimg2380

Rimg2392  Rimg2400_2

涼しい所、涼しい所を追い求めて開場に近づくにつれて、
お仲間も増えました。因に蓮磬寺の桜の木の下での休憩が
一番体に良い涼しさでしたね〜。

Rimg2404
開場1時間前に着きましたが、もう開場してました(笑

Rimg2402
三遊亭鳳楽師匠の中学時代の同級生がバックアップして年に数回、
催されています。毎回、220名完売だそうで今回も大広間は
ギューギューでした◎

今回は前から4列目♪

『四万六千日(しまんろくせんにち)、お暑いさかりでございます』
との出だし。。。お題は『船徳』でした。浅草のほおずき市へ
行って来たばかりだったので、情景も浮かび易かったです。

それにしても前々回は『夢金』。師匠は船を漕ぐのが好きなのかしら?(笑
 http://shioring.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-ef20.html

落語は好きですが詳しくはないので、感想はパスさせていただきましょう。

Rimg2414
今回は大広間にて、お弁当をいただきました。
師匠は忙しいようで、席には座らず挨拶だけ残して行かれました。

10月には大きいホールで、好楽さんも招いての回になるそうです。



Shioring06verブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ



« 夏にぴったりの下駄 | トップページ | 黒地に透かし蜻蛉着物 × 紗の博多帯 »

着物でお出かけ」カテゴリの記事

コメント

こちらの割烹では、コース料理のデザートに
老舗和菓子の「龍月」の黒玉が出てきます。

投稿: 一人靜 | 2009.07.16 07:33

鳳楽さん、ナニやってくださるかしら?
怪談かな??
なんて勝手に思ってましたが
たしかに「ほおずき市」の直後、
時節柄ぴったりの噺でしたね♪

帰宅後、手持ちの資料で確認したら…
いい気な(笑)若旦那徳さんの名は、
あの「曽根崎心中」の主人公徳兵衛さんの名を借りた落語が発端と知りました~
浅草と曽根崎がこんなところで結びついたとは!


投稿: うなみ | 2009.07.16 19:17

■ 一人靜さん
へぇ〜!こちらではお弁当しかいただいた事がないので
いつかコースもいただいてみたいです。

■うなみさん
そう!わたしもてっきり(勝手に)怪談だとばかり。。。(笑

正座椅子を使ったのに、しびれは無かったものの、膝が。。。
いつまで経っても慣れない正座。

流石、うなみさん、復習も完璧ですね♪

投稿: shioring | 2009.07.16 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏にぴったりの下駄 | トップページ | 黒地に透かし蜻蛉着物 × 紗の博多帯 »