« クラフトテープの籠バッグ | トップページ | 川越福富美寄席へ行って来ました »

2009.07.12

夏にぴったりの下駄

9日のこと。『ほおずき市』が開催されている浅草の履物問屋にて
以前購入した鼻緒を持って、下駄をすげてもらいました。

型染め作家:小倉充子さんの鼻緒です。
 http://shioring.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-84dc.html
Rimg0024
丸い覗き窓からは、呑めや歌えのどんちゃん騒ぎ(徳利、お猪口、三味線)。
楽しかった筈なのに、芸者さんは実は。。。
ろくろ首〜!
という、なんともユーモアのある、夏の履物に相応しい鼻緒。

それに合わせて、出来れば柳がデザインされている鎌倉彫が
欲しかったのですが、生憎そのようなものはなく、イメージに一番
近いものを選びました◎
Rimg2644
実は、もともと鼻緒の柄が『追っかけ』に仕立ててあるのが
履物屋の職人さんとしては『?』だったようで、アドバイスの元に
逆にしていただいたのでした。

台の、緑が流れているデザインがとても気に入っています◎

Rimg2626

Rimg2632


ほおずき市にもちらっと寄ってみましたが、人通りの割には
購入しているお客さんは少なかったように感じます。


Shioring06verブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

« クラフトテープの籠バッグ | トップページ | 川越福富美寄席へ行って来ました »

着物まわりあれこれ」カテゴリの記事

コメント

下駄模様を見ていると、浴衣姿まで想像させてしまう不思議な
オーラがありますねェ。

下駄の模様も履いている時は見えない、見えてもほんの一瞬。
羽裏や足袋の甲馳の模様もしかり。

そういうところが和の奥ゆかしさと粋というものなのかも。

投稿: 一人靜 | 2009.07.13 07:45

■一人靜さん
有り難うございます。履いている時よりも
脱いだ時に注目されたい、下駄に仕上がりました◎
でも履いてみると結構地味でした(笑

投稿: shioring | 2009.07.15 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クラフトテープの籠バッグ | トップページ | 川越福富美寄席へ行って来ました »