« 川越きもの散歩 10月度 その6 | トップページ | 深谷 旧煉瓦製造施設 臨時公開(ホフマン式輪窯) »

2009.10.30

川越きもの散歩 10月度 その7

山下家住宅 江戸時代後期
当家は明治16年の図面とほぼ一致する事や、全体の意匠から
江戸時代後期に遡り得ると推定される。全体的に簡素で
他の蔵造りと大きく異なる。(川越建物細見 より)

Rimg1235

質屋さん
Rimg1239

Rimg1243

質屋さんの屋根からは何か生えてました。

Rimg1245

Rimg1247

夕暮れ時、裏通りとあり人通りなし!

Rimg1251

Rimg1253

恵比寿屋米穀店 推定 明治中期建築
比較的規模の大きい伝統的な町家です。木太い親子格子が明治中期の
特徴を示し、2階窓下には関東大震災の影響を物語る、補強に使った
ボルトも見られます。(都市景観重要建築物 より)
Rimg1257

Rimg1259
いつも気になる石柱。大きな歯医者さん(平成建築?)の塀に紛れ込んで
いるのです。酒蔵があったのでしょうかねぇ?

いやはや、実に充実した1日でした。
資料を眺めると、まだまだノーチェックな建物が随分あります。
次回の散策までに予習しておかなくては!

おしまい


3ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


« 川越きもの散歩 10月度 その6 | トップページ | 深谷 旧煉瓦製造施設 臨時公開(ホフマン式輪窯) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川越きもの散歩 10月度 その6 | トップページ | 深谷 旧煉瓦製造施設 臨時公開(ホフマン式輪窯) »