« 誠之堂 後編 | トップページ | 旧渋沢邸『中の家』 その1 »

2009.11.09

尾高惇忠 生家

渋沢栄一の従兄弟関係にある尾高惇忠の生家です。

 Rimg1407

Rimg1425

尾高惇忠(天保1年/1830年〜明治34年/1901年) は、
官営富岡製糸場の初代所長、明治前期の殖産興業推進者でした。
工女の募集に当たっては、ブドウ酒を飲む外国人を見て
「若い娘の生き血を飲んでいる」と噂が流れ工女が集まらなかったため、
自分の娘を率先して入場させるなどして開業にこぎつけました。
 *富岡製糸場関連のレポートはこちら
  http://shioring.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-fd34.html


Rimg1413

Rimg1429

個人宅のため、外観のみの見学となりました。
埼玉に、そして深谷にこんな偉人が生まれ育っていたのか。。。と、
思うと我が県も捨てたもんじゃないなぁ〜と(笑

一時停止の標識のある建物が尾高生家で、この一帯には昔ながらの
建物がまだ残っていました。
Rimg1419

Rimg1421

建物レポートがまだまだ続きますが、お付き合いくださいね〜(笑


3ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 


« 誠之堂 後編 | トップページ | 旧渋沢邸『中の家』 その1 »

歴史的建築物/史跡/旧跡(深谷)」カテゴリの記事

コメント

あ、しっかり尾高惇忠の生家も見てきましたね。
ここは通り道ですもんね。
車止める場所がないけれど。。。

そして庭にあるレンガ蔵♪
柿のある風景がまたいいですね~(*^_^*)

投稿: たくあん | 2009.11.09 00:50

■たくあんさん

どこかなぁ〜と車を走らせていると突如現れ、
人通りがないことを良い事に、路駐しました(笑

いそいそと写真撮って来ました。
柿がたわわでした。グッと寂しい感じが出てしまいますけどね(笑

投稿: shioring | 2009.11.11 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誠之堂 後編 | トップページ | 旧渋沢邸『中の家』 その1 »