« 吹雪に琴 訪問着 × 唐草模様袋帯 | トップページ | 埼玉の養蚕を知るシンポジウム 2 »

2009.12.20

埼玉の養蚕を知るシンポジウム 1

1ヶ月以上前の11月7日のこと。

川越駅近く、旧鏡山酒蔵跡地『大正蔵』にて、私が参加してます
NPO川越きもの散歩の取り組みの1つである、
『埼玉ブランド繭「いろどり」での顔の見えるきもの作り』
での
お着物完成お披露目会+着物作りに関わった方々のお話を
伺いました。

Rimg1936

Rimg1828  Rimg1826
受付をお手伝いさせていただきました◎

Rimg1836

Rimg1854
右から、いろどり繭開発者:近さん、
漫画家、着物エッセイスト:近藤ようこ先生、
秩父で養蚕農家を営んでらっしゃる宮崎さん。
 *養蚕農家見学http://shioring.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-95b3.html

Rimg1882
いろどり繭に草木染めを施した着物をお披露目してくださいました。
本庄で奥様と二人三脚で糸を植物染料で染め、手織りをしている黒澤さん。
お披露目のお着物も全てこちらで染織されたものです。
Rimg1914


だいぶ時間が経ってますもんで、完結に写真だけアップしました(笑
詳しくはこちらへどうぞ〜〜〜

 *NPO川越きもの散歩HP http://kimono21.exblog.jp/
 *
NPO川越きもの散歩BLOG
   http://blog.ap.teacup.com/kimonosanpo/27.html


3ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓

                                      にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


« 吹雪に琴 訪問着 × 唐草模様袋帯 | トップページ | 埼玉の養蚕を知るシンポジウム 2 »

川越きもの散歩 番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吹雪に琴 訪問着 × 唐草模様袋帯 | トップページ | 埼玉の養蚕を知るシンポジウム 2 »