« 歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎 | トップページ | 父の大島紬 × 桐の刺繍名古屋帯 »

2010.01.27

松の付け下げ小紋 × 金銀箔唐草名古屋帯

先日の歌舞伎鑑賞の際のコーデ。
1月にしか着られない雰囲気の、母からのお下がりの付け下げ小紋を
着てみました◎

Rimg1259

Rimg1235  Rimg1243

お目出度いので毎年、1月限定で袖を通す着物です。
昨年までは八掛けはコーラルピンクだったのですが、長い目で見たら
ピンクはなぁ。。。ってことで、八掛けを替えるついでに、自分サイズに
仕立て直してもらいました。

*昨年のお正月記事
 http://shioring.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-8948.html
母が結婚して初めての正月に、父の実家へ挨拶する用に、祖母が仕立てた
もの、という話は聞いていましたが、白生地から染めてもらった事が
本日判明しました(笑
祖母の妹の嫁ぎ先が染物屋だったのです。

Rimg1255  Rimg2396

帯は伯母から頂き物。よそ行き、って感じなのですが名古屋帯のため
なかなか合う着物が無くて箪笥に入ったままだした。。。
この着物には白っぽい帯をいつも合わせるので、たまには雰囲気を
変えたくて合わせてみました◎

3ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓
             にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


« 歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎 | トップページ | 父の大島紬 × 桐の刺繍名古屋帯 »

着物コーデ 礼装」カテゴリの記事

コメント

帯留も素敵ですね~!

鮮やかな青に松。なんとも清々しいお着物ですね。

投稿: 西瓜堂 | 2010.01.30 22:25

■西瓜堂さん

うふふ、ここぞという時に、使用させていただいています。

話題作りにももってこいの『バレーボル』帯留めですもん♪

はい、お目出度すぎるのが玉に傷です(笑

投稿: shioring | 2010.01.31 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎 | トップページ | 父の大島紬 × 桐の刺繍名古屋帯 »