« 富岡製糸場(女工館/ブリューナ館) | トップページ | 富岡製糸場(繰糸場 後編) »

2010.01.01

富岡製糸場(繰糸場 前編)

*繰糸場*
明治5年(1872)建設
長さ140.4m/幅12.3m/高さ12.1m
Rimg0092

Rimg0162

繰糸場は、繭から生糸を繰る作業が行われていた場所です。創業当初は
フランス式の繰糸器300釜が設置され、世界最大規模の工場でした。

Rimg0160

Rimg0122

明治期の建物内部
Koujouuti

Photo2


建物にはトラス構造という従来の日本に無い建築工法を用いています。
そのため、建物内部には柱の無い広い空間が保たれています。
Rimg0120

更に採光の為の多くのガラス窓や、屋根の上に蒸気抜きの越屋根が
取り付けられました。

Rimg0144

3ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓
          
  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

 

« 富岡製糸場(女工館/ブリューナ館) | トップページ | 富岡製糸場(繰糸場 後編) »

歴史的建築物/史跡/旧跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富岡製糸場(女工館/ブリューナ館) | トップページ | 富岡製糸場(繰糸場 後編) »