« 父親の大島紬 × 刺繍宝尽くし名古屋帯 × 葉っぱ柄羽織 | トップページ | 大谷観音 »

2010.01.14

大谷寺

大谷寺 http://www.utsunomiya-cvb.org/kankou_miru/page_1.shtml

Rimg0952

Rimg0942

半球体状の洞窟内に、観音堂、脇堂が立つ洞穴寺院です。
洞穴内の壁面には、4m近い千手観音など磨崖仏が掘られています。
(お堂で覆われており、更に撮影禁止でした)

Rimg0944

千手観音は平安時代の作と言わています。磨崖仏は仏像を岩から掘り出し
その上に塑土を塗って仕上げる
石心塑像です。大谷石は表面がザラザラし
風化し易く、礼拝の対象である仏像彫刻の素材としては不適切で、その為に
表面に塑土を塗り、更に漆を塗り、金箔を置く
漆箔仕上げでした。

現在は塑土が多少残っている程度でした。

Rimg0946
昭和40年、大谷磨崖仏防災工事中、お堂の下約150センチ位の地下より
横臥屈葬の人骨が発見されました。
それにより、この遺跡は約11000年前:縄文時代草創期から
約2000年前弥生土器時代に至る、約9000年の永きに渡っての住居跡で
あったことが判明しました。

Rimg0950


3ブログランキングに参加しております。

沢山の方にご覧いただき嬉しい限りです。
更新の励みになりますので、
ワンクリックお願いいたします♪

↓↓↓
             にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ



« 父親の大島紬 × 刺繍宝尽くし名古屋帯 × 葉っぱ柄羽織 | トップページ | 大谷観音 »

歴史的建築物/史跡/旧跡(栃木)」カテゴリの記事

コメント

まさかここで遺跡の話が出てくるなんて思いもよらないですよね~

迫力あってうまく撮られてますね。

投稿: たくあん | 2010.01.16 02:08

■たくあんさん

そうなんですよ!ざっくりしか下調べをしなかったので、
壁に仏様が彫られているのさえ知らずに向かったもので
ビックリしました。しかもその元で生活していたなんて。。。

ありがとうございます♪

投稿: shioring | 2010.01.19 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 父親の大島紬 × 刺繍宝尽くし名古屋帯 × 葉っぱ柄羽織 | トップページ | 大谷観音 »