« 組紐はじめました | トップページ | 紫地にさや型銘仙着物 × 桃と蝙蝠の腹合わせ帯 »

2010.10.26

田中本家博物館『帯美』弓岡勝美トークショー

10/17日の事。須坂にある『田中本家博物館』へ行って来ました。
 詳しくはこちら

Rimg0196_500

Rimg0191_650

企画展『帯美』にあわせて、弓岡勝美氏のトークショーがあったのです。
会場となった建物は、主屋(昭和50年代築)です。
須坂では明治3年に農民一揆があったので当時の建物は焼失して
しまってるんですね。

Rimg0206_650

床の間に飾られている掛け軸は大正時代のもの。
当時の風俗が垣間見れます。

Rimg0199_500

トークショーは2時間余り。

弓岡氏の現在までのお仕事の様子や、着物の歴史を解り易く
お話してくださいました。ユーモアのある方で、面白可笑しく
聞き入ってしまいます。

Rimg0200_650

奥は公家の衣装。裾にある模様は全て刺繍で大変豪華!
お引きずりで生活は優雅さを物語っています。

田中家所有のバラの羽織(画像撮り忘れた)に合わせた、弓岡氏
コレクションの
バラ尽くしのコーディネート。

Rimg0204_650

Rimg0205_650

Rimg0203_500

Rimg0209_650

もう劣化しすぎて持てない繻子(だったかな?)の帯。
嗅ぐと酸っぱい匂いがします。こうなると切れてしまうので
帯としては使い物にならないとの事。

Rimg0208_650

田中家の腹合わせ帯。
腹合わせ帯は大正時代までで、名古屋帯が登場して衰退したそう。

女性の社会進出にあたり、丸帯や腹合わせ帯は女中など誰かの
手を借りないと結べない代物だったので、名古屋帯が考案
されたそうです。

余談として。。。
私が締めていった帯も腹合わせ。弓岡氏に見てもらったら
大正時代のものとのこと。状態もいいので嬉しい♪

最後に。弓岡氏が仰った中で一番心に響いたのは
『洋服は作った人、着物は着る人の責任でキレイに見えるか
 そうでないかに分かれる』
という一言。

確かに。。。形状は同じですからね。柄や素材もそうだし、
着こなし方によって善し悪しが分かれるのだよね。



« 組紐はじめました | トップページ | 紫地にさや型銘仙着物 × 桃と蝙蝠の腹合わせ帯 »

着物でお出かけ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。今年のGWに西瓜堂で弓岡氏の作品を展示したんですよ~僕も田中家に誘われたんですが、残念ながら行けませんでした(涙)
以前、田中家を訪れた時は定休日でした(泣)いつかちゃんと中を拝見したいと思っています!

投稿: 西瓜堂 | 2010.10.29 20:51

■西瓜堂さん

こちらこそご無沙汰してます。

え〜!西瓜堂さんで弓岡氏の作品展ですか!
行ってみたかったです。。。

>僕も田中家に誘われた

ええ〜!須坂でばったり!なんてことがあったかもしれなかった
のですね。残念です。

是非是非お出掛けください♪

投稿: shioring | 2010.11.01 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 組紐はじめました | トップページ | 紫地にさや型銘仙着物 × 桃と蝙蝠の腹合わせ帯 »